映画「おろち」見てきました。

楳図かずお原作の映画「おろち」を見てきました。

画像


最終時間午後6時から1回だけの上演なので

眠くなるかと思いましたが(この時間に行くと時々寝てたでしょと言われる)

全然眠くなりませんでした

このすばらしい色合いのポスターは

かの有名な舞台監督蜷川幸雄氏の娘さんの

蜷川実花さんのものだそうです

主演は木村佳乃、中越典子と谷村三月

みんな綺麗でした。

木村佳乃は妖艶と言うようなきれいさ

谷村三月は歌を歌うシーンがあったけどいい声してました

楳図かずおのおろちは題名は知っていたけど詳しい内容は知らなくて

でも私が子供の頃は普通に少女雑誌で

楳図かずおの作品を見ていたので

彼らしい作品だと思いました。

思っていたよりそんなに怖い感じがしなかったけれど

楳図作品の免疫のない娘は怖かったらしいです

でも最後に柴田淳の主題歌「愛をする人」を聞いて少し落ち着いたと言っていました。

柴田淳って知りませんでした

次から次とシンガーが現れてついていけませ~ん

そうだ、別について行かなくていいんですよね



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

natsumilk
2008年10月10日 09:10
こんにちは~
あたしも”おろち”気になっていたんです。
このポスターの色合い、蜷川実花らしさが出てて気になります。
でも、楳図かずお作品を読んだことないんです。
どんな感じかますます気になります。
カントリーフェスタ、土曜日に行くかもしれないです!
お会いできるといいなぁ♪
2008年10月10日 17:35
natsumilkさんへ
おろち、昭和初期の香りのする映画でしたよ。
蜷川実花さんは美香さんではなくて実花なんですね。
訂正しておきました

明日カントリーフェスタでお待ちしています

この記事へのトラックバック